打開策に悩む時にかける「魔法の質問」とは


あなたは、これまでに挫折を経験し、
都度、改善策を実施してきたと思いますが、

その施策は、本当にやりきったと言えますか?

 

もし、1%でも、何か他にあると
疑問を感じているとしたら、それは、
まだやりきっていない証拠です。

 

ただ、そうは言っても、その最後の1%に
たどり着くにはどうしたらいいのか?

 

それには、ある「魔法の質問」を
すればいいのです。

 

そして、その魔法の言葉は、
これまでに多くの成功者の
人生を変えてきました。

 

例えば、

 

あなたもご存知のケンタッキーフライドチキンの
創設者でもあるカーネルサンダース氏です。

 

彼は、高速道路の閉鎖をきっかけにし、
調味料の調合を販売するモデルを思いついたのです。

 

そして、高速道路の閉鎖という窮地に追い込まれたとき
諦めることなく、ひらめきを与えた質問がこうです。

 

「他に何が出来ることはないのか?」

 

実は、これは、シンプルに見えるのですが、
これをあなた自身に質問を投げかけることで
あなたの脳コンピューターが再始動するのです。

 

そして、このカーネルサンダース氏は
今では想像すらできませんが、

 

実は、はじめの1件の契約を取るまでに
1009回も断られたというから驚きです。

 

ですので、あなたも、数回のセールスだけで
断られたとしても、諦めてはいけません。

 

確実にあなたを待ってくれている人が
世の中存在しません。

 

ただ、まだ出会えていないだけです。

 

そして、もし、あなたが打開策に悩み、
希望を失いかけていたら、
自身を失い落ち込むことではありません。

 

あなたがすることは、

 

「他に何が出来ることはないのか?」

 

ただ、こう質問すればいいだけです。

 

きっと、あなたに希望の光を
眩しいほど与えてくれるはずです。

 

 

⇒ 億万長者が教えてくれた「独立起業の成功法則」

 

 


mercari
YouTube
50の思考 ビジネス実践編
最近の投稿
カテゴリー
運営情報
メタ情報
プレゼント